第19回ボッチャ練習会

12月9日は、高尾わくわくビレッジで練習しました。

さすがに師走ともなると、体育館もガラガラで、

体育室2と3を通して借りることが出来ました。

広々として、もったいないくらいです。

 

まずは、コートのライン引きです。

今だに何mか暗記出来ず、

カンペを見ながら悪戦苦闘です。

投球練習で身体を温めた後、

つのメソッドをしました。

3m,4m,5m,6m,7m,8mと、距離を伸ばして、

投球のばらつきを確認しました。

驚いたことに、8mが、正確に並びました。

4mが得意な距離だと思っていましたが、

長距離もいけるかもしれません。

攻めの切り札になるといいですね。

2月10日の試合の時に、

自分でボールを持って入場しなくてはいけないので、

カゴを購入しましたが、どこにつけても、

邪魔になって、使用出来ません。

結局このカゴは、不採用となりました。

名案がないですかね?

後半は、試合をしました。

健常小学生のM君は、今日は、試合には参加せず、

黙々とスコアブックをつけています。

ボッチャのスコアボードのマニュアルはないので、

自分なりに試行錯誤して、

改良しながら記録していました。

それを自分なりに分析して、みんなに発表しました。

いや〜〜、すごいすごい。

彼は、プレイヤーではなく、

コーチングのほうに目覚めたようです。

 

子どもの可能性に、感動しました。

ドリームリンクスの活動が、

またひとつ実を結んだ気がします。

 

車椅子の選手も、ちびっ子コーチも、

自分のしたいことを見つけて、

どんどん伸ばして欲しいです。

 

みんな、がんばれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です